2009年08月12日

日本語が亡びるとき:水村美苗

「英語はネット普遍語に!日本人バイリンガルで日本発信を」


発「待って待った本予約が多くナカナカ順番回ってこなかった」
概「『話す』と『書く』言葉は全く違う翻訳できても同じじゃない」
得「英語で話すとき英語の概念それが表現する言葉の意味」
結「ネットでは英語が普遍語皆がその図書館に出入りしたくなり」


・翻訳所それが日本の大学日本語への一方通行で
・日本語それは学問も文学も自分たちの言葉でできる場
・翻訳は置き換えられる真理だけテキストとはそこだけの真理
・『主要な文学』として世界の読書人に知られる日本近代
・表意・表音に音訓と書き文字では色々意味使い分けを


本の中から
・母語
・普遍語、現地語、国語
・三四郎:夏目漱石


自分でもうすうす感じていた言葉と考え(思考)について整理していただいたような本だ。
『話し言葉』と『書き言葉』が違うというのは分かっていたが、昔の文語体とは明らかに違う。今、言文一致というけれど実は『話す』と『書く』は違う。話すように書くなんて実はできない。音として消えていくものと残るものは違う。それを改めて認識させられた。
そのうえで、『書く』という行為が自分の言葉、母語、現地語との関係でどう変わるかを考え直すこともできた。書く行為にはその言語で考えることも含まれる。英語で書くときには英語なりの考え方でという話の流れから言葉がある。日本語で書くときには日本語としての書き方、話の流れがある。これは決して翻訳というレベルのことではない。思いを表現するには表現する言葉に応じた表現方法がある。
結果として言葉、日本語、英語を振り返ることができた良い本だ。しばらく経ってからもう一度読んでみたい。

追伸 2010/8/8 再読(こちら
タグ:水村美苗
posted by west32 at 17:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125552765
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

【再読】日本語が亡びるとき:水村美苗
Excerpt: 「人の伝えること『話す』『書く』『読む』と様々あれどみんな異なる」 日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で水村 美苗筑摩書房発売日:2008-11-05ブクログでレビューを見る» 一..
Weblog: WESTさんに本を
Tracked: 2010-08-08 19:34
ブログランキング・にほんブログ村へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。