2010年06月20日

ポーの一族@AB:萩尾望都

「バンパネロ エドガーとアラン転々と14歳のその姿皆に」


18世紀から続くエドガーとアランの物語、二人はバンパネラで成長はしないが、目撃者たちはどんどん年とっていく、そして伝説になる。長い長い伝説の物語、富士見の吸血鬼をテーマにしたら似たようなのがヨーロッパであるような気がするんだが....これは紛れもない日本の作家、萩尾望都の作品。どこからこんな発想が出てきているのか!創作力ってすごいと思う。
楽しませていただいた、ほんとやっと見つけて、105円×3冊で儲けものだ。

登場人物
エドガー、アラン・トワイライト
ポーツネル男爵、シーラ、メリーベル
老ハンナ、大老ポー
そのた一杯の目撃者、関係者...........


確かに「インタビューウイズバンパイア」似てるなぁ。エドガーのキャラやアランのキャラもそっくり、これは疑われる。さて映画だけでなく、アン・ライスの原作を読まねば。

タグ:萩尾望都
posted by west32 at 00:27| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/153804563
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ポーの一族1・2・3(フラワーコミックス):萩尾望都
Excerpt: 「バンパネラ一族連作集悲しみで永遠の命生きる」 家族が40年ほど前に買った本が手に入った。(文庫版感想はこちら) かなりボロボロで本がバラバラになってるが、また楽しめた。この作品集は、文庫版と違い..
Weblog: WESTさんに本を
Tracked: 2010-07-04 20:43
ブログランキング・にほんブログ村へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。