2010年07月04日

ちょんまげぷりん:荒木源

「侍がタイムスリップ現代へ家事にお菓子つくりは一品」


この夏公開の映画、予告編をたびたび観て気になっていたところ、古本屋で見つけたので思わず購入。題名が何か変で、惹かれるような惹かれないような...
侍が現代にきておろおろといういかにもありそうな舞台設定。でもここで違うのは、シングルマザーの家に居候のため果敢に家事に挑戦するという点♪侍と家事って不釣合いな関係で面白い。イケテル♪
ある意味タイムスリップの面白さをうまく表現しているので、楽しく安心して読めた。安兵衛頑張れ!って言いたくなるし、ひろ子めげるな!って応援したくなる。

映画の方は余り不安なく観ることが出来そう。今月末が楽しみ。
  (映画のサイトはこちら


解説に載っていた似たような本は
・満月:原田康子
・つばき、時跳び:梶尾真治
他にも浅田次郎、北村薫、東野圭吾、宮部みゆきがあるとのことだが、どんな作品だった。。。。?

宮部さんは「蒲生邸事件」だろうなぁ。
北村薫さんは、「スキップ」「ターン」のようだが、「ターン」は何度か読もうとトライして挫折したなぁ。
浅田次郎さんは、映画化もされた「地下鉄(メトロ)に乗って
そして、東野圭吾さんは、もちろん「トキオ」ですね。

あとネットで色々探して面白そうなのは
・リピート:乾くるみ
 現在の記憶そのまま過去に戻ってやり直す
・タイムライン:マイクル クライトン
 映画化されたもの。中世のフランスにタイムスリップした恩師を救いに!
・七回死んだ男 (講談社文庫) :西澤 保彦
 殺されるたびに蘇り、祖父を救おうとする少年探偵♪

そして忘れちゃならないのは!!
マイナスゼロ:廣瀬正
リプレイ:ケン・グリムウッド
 
タイムスリップもの色々あって楽しい♪
ラベル:荒木源
posted by west32 at 13:25| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ちょんまげぷりん
Excerpt: 「錦戸武士は非ジャガイモカッコ良すぎでも似合ってるパティシエ姿」 本読んで!期待半分、怖さ半分で今日ここに♪ 原作はグリグリのジ...
Weblog: westさんに映画を
Tracked: 2010-08-03 21:14
ブログランキング・にほんブログ村へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。