2011年11月18日

やさしい実験計画法:高橋信

「データから分析、仮説から検証とモノの見方を知る方法」

実験をやるのはそこから結果を得ることが必要。
そのとき
 検証型:仮説を立てて検証して成否を決める。
 探索型:データを分析して結果を知る。
何かを確かめるため、得るために実験は行う。

学生時代にやった、分散分析、多変量解析の基礎的な考え方。懐かしい。
タグ:高橋信
posted by west32 at 15:30| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/235816229
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
ブログランキング・にほんブログ村へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。