2011年12月05日

阪急電車:有川浩

「人と人のつながりある今津線人から受け人に心渡し」

今夏に映画をみた作品、元々なじみあるこの阪急今津線、ゆったりとした人と人のつながりが感じられる。色々な哀しみ苦しみを持つ人がいて、恋を分け合う人がいる。宝塚から西宮北口まで秋と春の列車の中の出来事を綴ってくれる。二人が一人につなげ、一人が二人につなげる。つながりあう人たち。
こんな本を読んだ人はみんなこの路線に居たくなるだろう。

駅の名前も興味を引くのが多い、逆瀬川、門戸厄神と難しそうなのがあれば、小林なんていう平凡な人の名のような駅、宝塚南口という付け足しのような名前も。

昔のようにこの今津線を使って六甲の山に行くのも良い。

登場人物

河原に「生」の文字を見つけた彼女にいつも図書館で一歩先を越される彼
寝取られウエディング女性
犬好き孫娘とおばあちゃん
下らない男から逃げられない女子大生
軍オタとゴンちゃん
アホな社会人の恋人を持つ女子高生
PTA仲間に引きずられる奥さん
タグ:有川浩
posted by west32 at 13:19| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/238794393
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
ブログランキング・にほんブログ村へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。