2011年12月20日

死のテレビ実験:クリストフ ニック,ミシェル エルチャニノフ

「人は権力に従わされる強いるより自主的にとならより強く」

クリストフ ニック,ミシェル エルチャニノフ
河出書房新社
発売日:2011-08-20

かつて映画「ウェイブ」を観たときなんて素直に人のいうことを聞くのか?と思ったが、そもそものミルグラムの実験を基にしながら、今回のテレビを権力とした人の従順性がアカラサマニされる。
クイズ番組と称して、問題を読む人として被験者が選ばれる。回答者がクイズに間違うたびに、被験者が回答者にバツとして電気を与える。間違えれば電圧は次々に高くなる。被験者はどこまで電圧を上げていくか?
で、結果はなんと80%を超える人が最後まで電圧をあげていった!
色々な理由、権威への責任転嫁で最後まで続ける人が多い、その一方途中でやめた人の方が反動がきつく破たんしていたとは。
今のTV番組は面白くない、もっともっととただ刺激だけの世界、視聴率の世界、恐ろしいことが起きており、テレビという権力に信者達はひれ伏している。
今一度TVのあり方を考えたくなった。
また本の中でも書かれているように、今の政治も、TVのように、一方で不安を誘い、他方で安心を与える....現実はそんな恐ろしい世界が広まってしまっている。
でもどうすればいいのだろうか?
posted by west32 at 22:18| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログランキング・にほんブログ村へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。