2012年01月17日

ミャンマー関連本

「無いようで続々あることないこと難しいのからキラキラまで」

ミャンマー本.jpg
こんな本を読んで知りたいミャンマー!!
・ビルマとミャンマーのあいだ:瀬川正仁
・秘密のミャンマー:椎名誠
・鳥頭紀行(くりくり編):ゲッツ板谷、西原恵理子、鴨志田穣
・季刊旅行人 ビルマ東西南北
・ミャンマー旅行ガイド:ヤンゴン 株 ミナミ・ツアーズ
・長井健司を覚えていますか:明石昇二郎
・変わりゆくのはこの世のことわり:マウン・ルーエイ物語:ティッパン・マウン・ワ
・抵抗と協力のはざま:根本敬
・ビルマの黄昏:インゲ・サージェント
・ミャンマー概論

ガイドブック・語学書についてはこちら

’07/10出版の堅いの柔らかいの合わせて読みやすそう


椎名 誠,山本 皓一
小学館
発売日:2003-09
椎名さんやっぱりわかりやすい、楽しみこめて引き込んでくれそう


西原 理恵子,鴨志田 穣,ゲッツ板谷
角川書店
発売日:2001-11
バカバカしいけど....いつものノリだ!


瀬川 正仁/高野 秀行/吉田 敏浩
旅行人
発売日:2007-07-25
いいこと悪いこと写真や実録突撃レポ


良いことずくめでなく、現政府の怖さ


ティッパン・マウン・ワ
てらいんく
発売日:2001-01-31
現地のユーモア小説


英国からの独立にあたって、日本の役割、そして反日


インゲ サージェント
早稲田出版
発売日:2010-10
藩王と結婚した豪州女性


まじめに詳しく詳しく....


なかなかいけない街はこれ!!


カラーきれいで、誘われる黄金の国


John Allen,Allen John Smith,Jamie Smith
Lonely Planet
発売日:2012-01
さすが!詳しい!白人旅行者への旅のバイブル。でも白人向け


このシリーズ、使いやすそうだがビルマ語もそうだ、これ買おうかなぁ。


アジア図書館で購入できた。うん、これで勉強を♪
posted by west32 at 14:32| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読みたい本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログランキング・にほんブログ村へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。