2007年01月03日

こどもの一生:中島らも

中島らもの快作だ!!治療のために患者が10歳の子供になるって面白い設定、引き込まれる。大人が子供だなんて!?ストーリーはとても面白い、最後はちょっとグロテスクすぎるが....
あとがきによると劇団用脚本のノベラリゼーションだとか、参った!併せてらもさんが、薬で目が見えないとか、大麻所持で逮捕拘留、酷い状態のときの作品らしい。うん、最後の方はかなり錯乱しているし、ラストも?だし
おまけでついてくるCD金子美和・中島らも「砂の国」も舞台での歌!って感じ

登場人物
みっちゃん、かっちゃん、とっちゃん、静、EMIちゃん
(三友留吉、柿沼三郎、藤堂広志、龍善寺静、猪野田歌江)
院長、井出ちゃん
山田一郎


ラベル:中島らも
posted by west32 at 15:48| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログランキング・にほんブログ村へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。